就職=就社は古い!大学生は就社活動じゃなくて、就職活動をしよう!

就職活動って一体なんなのでしょうか。小学生の頃、テレビのニュースで「就職活動」が特集されていました。皆一様なスーツを着て、面接の練習をし、入社試験を受けていく。その様子はまるで、今から出荷されていく家畜のようにも、小学生の僕の目には映りました。

いや、全然いいと思うのです。やりたいことがあって、その会社に入らないと実現できない明確な目標や職業があるのであれば。でも、多くの人はそうじゃない。なんとなく、中学を卒業し、高校に入り、教師にいわれるがまま、あるいは現時点での偏差値を指針にして、大学受験をする。なんとなく、遊びや勉強に精を出して、なんとなく自己分析なんかして、リクルートに言われるがまま、スーツを買って、OB訪問をして、就活に励む。

なんとなく生きて、なんとなく死んでいくの?

いいんですよ、別に。なんとなく、いい感じに幸せを享受できれば、誰かが文句を言うことではない。結局、人生なんて自己満足なんですから。そういう人生に文句をつけることなんて、それこそ多様性社会に反してます。

まあ、でもその多くの人が選んでいるなんとなくの人生って、唯一では決してないんですよね。全然、ベストではない。少なくとも、自分の人生を、なんとなく過ごしていいんですかって。なんとなく生まれて、なんとなく死んでいく。田中康夫のなんとなくクリスタル並みに、中身なくないですかね。

就職=就社では全然ないよ

というのはまあ、なんとなく幸せに生きることのできない僕の僻みなんですが、とにかく世の中にはいわゆるリクルートさんが決めた「レール」以外にも、多様な生き方があるわけです。そもそもそのリクルート自体が起業家をバンバン排出して、社員に多様なライフスタイルを提供する企業ですし。

でもって、「じゃあ就活しなければ、どうするんだ!働かないと、生きていけないじゃないか!」って怒るひとがいるんですけど、別に就活を否定しているわけではありません。

就活=就社っていうマインドを改めよう、って話です。

会社はいずれ、淘汰されていく

会社に依存しなくても、現代社会では生きていけます。というより、今後は会社員のほうが、生き残れなくなります。だって、会社自体どんどん、なくなっていくのですから。

それは株式会社がどのような経緯で生まれたかを考えればわかります。

お金を集めるためです。

多くの人に出資を募り、人や金を集め、事業を行うために株式会社は作られました。

ところがネットの出現により、個人が簡単に人や金を扱うことができるようになりました。

最近では「VALU」やクラウドファインディングの出現により、個人に出資することもできます。

今後はいかに自分に情報価値・媒体価値を見出せるかで、生き残ることができるようになるでしょう。

もはやお金を稼ぐ必要すらなくなる

というわけで、会社に依存して、会社外での大したスキルもないひとは、近い将来AIに仕事を奪われてしまいますよってことです。

そもそもAIでのFXの的中率が100に限りなく近づいていけば、お金を稼ぐことに意味はないですからね。みんないとも簡単に、金は享受できるのです。

資本主義社会から情報主義社会へ

つまり、これからの混沌とした社会を生き抜いていくには「個人のスキル」が重要です。

特に、情報スキル。

お金の代わりに情報が価値を持つようになります。

情報というのは単に知識だけではなく、具体的なスキルや経験、コンサルティング能力、表現力なども含みます。

どれだけ発信力があるかも重要でしょう。

しかし、生きるためにお金は必要

というわけで会社に就職して、お給料をもらうよりも、情報力を高めなさいってはなしですが、とにもかくにも今現時点では「お金」は重要なわけです。だって、まだ資本主義社会ですからね。情報主義社会になるのはもう少し未来のお話。

それまでは映画「A.I」を見てわくてかしていてください。

20170723202653

 

就職活動=就職しなくても生きていくためのスキルを身につける活動

就職しなくても、生きていくことは可能です。

スキルさえあれば。

だから、大学生は生きていくためのスキルを身につけましょう。

スキルを身につけるための、就職活動をするといいと思います。

時間があるって、すごく貴重なことなんですよ。

お金がないから、行動しないのは、すこぶるもったいないです。いっそのこと親に借金しましょう。親にできないなら消費者金融でもいいと思います。怖そうなひとに借りればいいと思います、怖くないですから。

お金がなくても、スキルを身につける方法

例えばお金がなくても、お金を稼ぐスキルは身につけられます。

今ならプログラミングやwebデザインですね。

無料の学校はいっぱいありますよ。

 

地方のひとはUdemyProgateで学ぶといいでしょう。たった月額980円でその何千倍も稼ぐ力が身につくなんて、やらない手はないです。

 

 

プログラミングはちょっと。。。というひとなら、ブログはおすすめです。もちろんすぐに稼げるわけではないですが、自分が情報を発信するメディアを持つというのはお金よりも重要な財産になるはずです。今ネットで稼いでいる有名人の多くは、ブログなどの情報発信媒体を使いこなしてます。

使いこなしてるひと一覧

http://www.ikedahayato.com/
https://www.hikikomorism.com/
http://laugh-raku.com/
https://rutty07.com/
https://www.ryukke.com/

とくにイケダハヤトさんやヒキコモリズムさんのブログは非常に参考になるので、ぜひブックマークして、毎日監視したらいいと思います。

というわけで、OB訪問なんてして、内定もらって旅行に行く暇があれば、ブログを開設しましょう。就社しなければ、旅行なんていつでもいけますからね。

就職しなくても生きていけるひとが必ず持っているスキル

いろいろとお金を稼いでいくためには必要なスキルがあるわけで、それをいちいちあげていたらきりがありません。会社や現在の常識とされているものを疑う思考力も必要ですし、情報発信力も重要です。しかし、どんなに頭で考える力があり、常識を疑っていたとしても、今を変えられなければ何も始まりません。自分の行動を変える力がなによりも重要です。

そう、もっとも必要不可欠なスキルは、行動力です。

とりあえず、書を捨て野へ飛び出してください。つべこべ言わずに、まずはブログを立ち上げてみる。そこからすべては始まるのです。

The following two tabs change content below.

crelife

北海道生まれの25歳住所不定無職。慶應義塾大学卒業。元広告会社社員。入社7ヶ月で退社。田舎フリーランス養成講座(いなフリ)12期生/ジーズアカデミーdev9期生/太田プロダクションエンタテイメント学院6期生(芸人養成所)/元ガールズバー店員/23歳までに芥川賞取る計画が失敗し就職するも無職へ/社会を新しく築くために生きることを決める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です