ビットコインで人生を変える!?お金(ほぼ)0知識0からの億万長者への道

 

みなさんは今どのくらいの種類の通貨を持っていますか?
種類というのは100円玉や5000円札という日本円の種類ではなく、
日本銀行券以外の通貨をどのくらい持っているかということです。
もしかして、日本円しか持っていないとしたら、結構ヤバいかもしれません。

日本円だけを持っているリスク

 

あなたが持っている日本円は何故通貨として流通しているかというと、
日本という国の「信用」があるからです。
もし、明日にでも日本にミサイルが落っこちてきたら、日本円はどうなるでしょう。
ミサイルじゃなくても、日本の中核を担う大企業が倒産するでもいいです。
世界中の人が日本の将来に不安を抱き、所持している日本円を売るでしょう。
とすると、たちまち日本円の価値は暴落し、紙切れ同然となります。
日本円しか持っていないあなたは、いくら1億円分の日本円を持っていたとしても、
一文無しになってしまう可能性もあるのです。

 

仮想通貨の登場

 

このように一つの通貨しか持っていないというのは、これからの時代は相当リスキーなことです。
だからと言って日本円以外に、ドルや元などの海外の通貨を持っていればいいかといえば、そういうわけにもいかないでしょう。
グローバル化が加速するこれからの時代、もはや国家というのは絶対的なものではありません。
国家が発行する通貨への不安が増大する中、2009年に登場したのが仮想通貨のビットコインです。

 

ついに50万円を突破したビットコイン

 

ビットコインはブロックチェーンという技術により国家成立以降初めて、国家以外の主体が通貨を発行し流通させることに成功しました。
ブロックチェーンについては難しいので、詳しくは専門書などを読んで欲しいのですが、極めて信用性の高い技術です。
改ざんすることが仕組み上極めて起こりにくいので、国家以上の信頼性があるといっても過言ではありません。
また、ビットコインに関してはすでに発行上限に達しているので、これ以上発行されることはなく、すでに流通しているビットコインを購入するしかありません。
その結果、ビットコインの価格は日々上昇を続けています。
今年初め6万円だったビットコインはつい先日50万に達しました。
今後も上昇と下落を繰り返し、おそらく年内には100万円を突破すると言われています。

 

まだまだ手軽に買えるアルトコイン

 

というわけで、現在のビットコインの価格は45万円近辺であり、もはや手軽に購入できる代物ではありません。
今後100万円を超える可能性も考えられますが、今年のように数倍になる可能性は短期的に見れば少ないでしょう。
ですので、最近はビットコインに代わりアルトコインが注目されています。
アルトコインはビットコインに代わり登場した様々な仮想通貨の総称です。

 

アルトコイン(または、オルトコイン)とは、alternative coinの略(=altcoin)で、直訳で「(Bitcoinの)代わりとなるコイン」という意味です。一般的にビットコイン以外の仮想通貨(暗号通貨)のことをアルトコインと呼びます。アルトコイン

 

代表的なアルトコインにはRipple(リップル)やEthereum(イーサリアム)などがあり、それぞれ今年ビットコインの価格に合わせて大幅に値段を上げました。
しかし、ビットコインに比べるとまだ手を出しやすい価格帯で、ピックルは1単位あたり現在約20円前後で取引されています。

中でもNEM(ネム)と呼ばれるアルトコインはICOに対する期待が高まっている昨今、非常に注目されています。

 

 

資金ほぼ0から億万長者!?

 

私的に注目しているアルトコインはSiacoin です。
まだまだ1円にも満たない価格ですが、海外では非常に注目されているアルトコインです。
個人が持っているストレージをクラウド上で貸し出すこと、手数料としてSiacoin が支払われる仕組みです。
現在はまだまだ安いので今のうち1万円分でも買ってると、もしかしたら数十倍になるかもしれません。
そういう意味では資金0でも億万長者になる可能性があるので、夢がありますね。
*もちろん購入は自己責任で。ちなみに日本の仮想通貨取引所では買えないので、購入する場合は海外の取引所ですることになります。

The following two tabs change content below.

crelife

北海道生まれの25歳住所不定無職。慶應義塾大学卒業。元広告会社社員。入社7ヶ月で退社。田舎フリーランス養成講座(いなフリ)12期生/ジーズアカデミーdev9期生/太田プロダクションエンタテイメント学院6期生(芸人養成所)/元ガールズバー店員/23歳までに芥川賞取る計画が失敗し就職するも無職へ/社会を新しく築くために生きることを決める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です