【過労により倒れる!?】田舎フリーランス養成講座5日目&~1週間を振り返って【ロングスリーパーの末路】

どうも、クリエイティブインタラクティブディレクター兼ブロックチェーンメタバースエバンジェリスト兼作家の無職です。

無職、爆睡する。

1週目最終日は自分史を作ろう講座でした!

・・・・が!

無職、なんと授業中に爆睡。
そのままソファに倒れ込んで、結局途中で離脱。
自室に戻って午後まで寝ていましたw

いや、元々僕はロングスリーパーなんです。
会社員時代も朝起きるのが非常に辛かったですし、1日10時間は寝ないと脳が正常に機能しません。

メンターや講師の方々には非常に迷惑をかけることになってしまいました。
そして夜は東京で予定があったので夕方には金谷を出ました。
東京まで電車で2時間かかりますからね、まさに金谷はど田舎です。
ちなみに交通費は2000円かかります。

夜は予定のため六本木ヒルズに行きました。
途中で話題のGoogleテレワークを発見・・・!

夜は渋谷で某IT企業の社長に会いました!

社会関係資本の重要性を認識しつつホームレスは家探しに行こうとしました・・・!

が・・・!

なんと、そのまま社長が家に泊めてくれることに!

まさしく社会関係資本のありがたみを実感した夜でした。

自分もいつか渋谷高級マンションに住めるぐらいの余裕を持ちたいものです。

翌朝はセカイを変えるギークを育てよう!をコンセプトにしている「ジーズアカデミー」の入学式があり、表参道へ。
これについてはまたの機会で。

金谷の1週間を振り返って。

正直言って振り返る間もないほどあっという間に過ぎました!
いなフリがどうとか関係なく、自分に高タスクをかけ過ぎてます。
ジーズアカデミーといなフリやりつつ、インターンなんてはっきり言って無理です。
全て中途半端に終わるのは目に見えてるでしょう。

それでも僕は常に多動していないと生きていけない性質の人間です。
ホリエモンの言う多動力とは違うかもしれませんが、常に保険をかけ、興味関心をあらゆるところに撒き散らして生きてきました。
結果としてどのスキルも中途半端、会社も途中で投げ出して、結局無職です。

大学受験も小論文という運ゲー要素のある慶應SFCしか受かってませんし。
というわけでこのままじゃいけないと思い、この1ヶ月を過ごすことを決めたので、とりあえず今週を経て決めたことは以下の通り。

・何かを得るためには何かを捨てなければならない。1日は24時間しかない。全てやりきるには睡眠時間を減らすか、タスクを減らすか。

睡眠時間を減らすのは無理です。
僕のようなロングスリーパー体質の人間は睡眠時間を減らすと著しく生活に支障をきたします。
実際5日目のように講座を途中で受けれなくなり、一日を棒に振ってしまいましたし。
ですので、何を身につけるべきか優先順位を定めなければなりません。

・サイト制作を中心にガッツリやる。とにかく案件を受注。ジーズの課題のサイト制作をまずは最優先。

ジーズアカデミーで本日出た課題はサイト制作だったのですが、課題としては相当ハイクオリティなものでした。
私以外の受講生は皆社会人で平日会社があるのでこなすのは相当大変だと思います。
逆に時間のある私はガッツリサイト制作に打ち込めるので、まずはこの課題をこなすことを目標にして、並行して案件を取っていけばいいと思います。
この課題のサイトをしっかり0ベースでコーディングできれば相当自信になりますし、クラウドワークスでの案件に関しても自信を持って受けることができるでしょう。

・ライティングは高単価案件のみ。どちらかというとブログをしっかり書こう。

ライティングは正直言ってお金にはなりにくいです。
文字単価1円以下では私の目標とする15万には到底及ばないですし、時間を消費してお金に変える労働はバイトとなんら変わりません。
と言っても確実に収入源を確保できるライティングが貴重なのでサイト受注ができない場合は、1日1記事でもしっかり書いて地道に稼いでいこうと思います。
高単価で1記事2~3万の案件もあるのでそちらが受注できれば、ガッツリやっていきたいと思います。

いなフリ1週間で気づいた重要なこと

いなフリ受講前の僕は10日前に会社を辞め、日々を無職として過ごしていました。
その間には死なないようにいろんな人に会っていました。
多くは就活やキャリア相談という関係性なので、自分をいかにすごい人間かをアピールするためであり、正直言って非常に疲れました。
いい出会いもありましたが、あまり思い出したくもないような思いもたくさんしました。

そんな中でいなフリに来て、同じ境遇の方々に出会い、今は等身大の自分で過ごしています。
いなフリは費用がそこそこかかるので利害関係が一切なしというわけではなく、あくまでいなフリ運営側から見たら一顧客であるわけですが、
受講生やまるもに集まる方々、講師の方々含め元受講生だったり、同じように会社勤めに思い悩んでここ金谷に辿り着いた人が多いようです。

そういう同じ境遇の仲間に出会えるのって、社会に出るとなかなかないと思います。
特に新卒で働いていた会社を辞め、同期と言える存在を失ってしまった今の僕には非常に貴重な人間関係です。

僕のような短期離職者は少なくないとは思いますが、一度入った会社を辞めるとどのようなキャリアを歩んだにせよ、同じ境遇からスタートする仲間に出会うことはほとんどあり得ないでしょう。
中途入社した人の話を聞くと、やはりどこかで新卒で同期のいる人たちが羨ましいというような話は聞きます。

いなフリではフリーランスを目指すわけで、目指すゴールも目的も持つスキルもそれぞれではありますが、同じような価値観や境遇を共有できるわけで、これは非常に貴重なことでしょう。

というわけでいなフリで気づいた重要なことは、「人間は一人では生きていけない」ということですw

まあ、当たり前なんですが、フリーランスだからと言って一人で全てこなしていけるスーパーマンはなかなかいないでしょう。
やはり誰かしらとの繋がりは必須ですし、時には価値観や思いを共有する仲間も必要です。
無人島で死ぬまで一人でこもるなら話は別ですが、何らかの社会的な生産性を生み出す仕事をしたいのであれば、人との関係性なしでは生きられません。

頭でわかってはいても、実感しないとその重要性になかなか気づけないものです。

というわけで人との関係性を大事にしつつ、2周目以降もいなフリを頑張っていこうと思います。
(もちろん、定量目標は必ず達成することを目指します!)

The following two tabs change content below.

crelife

北海道生まれの25歳住所不定無職。慶應義塾大学卒業。元広告会社社員。入社7ヶ月で退社。田舎フリーランス養成講座(いなフリ)12期生/ジーズアカデミーdev9期生/太田プロダクションエンタテイメント学院6期生(芸人養成所)/元ガールズバー店員/23歳までに芥川賞取る計画が失敗し就職するも無職へ/社会を新しく築くために生きることを決める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です